検索結果

 

名称

西山浄土宗 竹林寺

校友名

田井 伸幸

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1972年卒業 文学部
 

名称

梅屋 美園店

校友名

梅津 修

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1973年卒業 経営学部

PR

開店以来24年を旨い・安い・楽しいをモットーに、地域一番店を目指し頑張っています。
 

名称

かどや食堂

校友名

宮井 功

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1980年卒業 経済学部

PR

湯浅の歴史は古く、室町時代には熊野参詣の宿場町として栄え、その後醤油の発祥地として発展。街並みは和歌山県初の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。醤油の他にもみかん、金山寺味噌、そして湯浅湾で獲れる魚が美味しく、しらすは県内一の水揚げ量があります。かどや食堂はしらす丼が名物。釜揚げしらす丼、生しらす丼が美味しく食べられる店として観光客の立ちより場となっています。 
 

名称

天台宗那智山 青岸渡寺(西国第一番札所)

校友名

高木 亮享

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1961年卒業 文学部

PR

熊野三山の信仰が都の皇族・貴族に広まったのは平安時代中期以降であり、青岸渡寺および隣接する熊野那智大社についても創建の時期等については判然としない。伝承では仁徳天皇の時代(4世紀)、天竺(インド)から渡来した裸形上人による開基とされ、同上人が那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したという。後に推古天皇の勅願寺となり、6世紀末 - 7世紀初に生仏聖(しょうぶつひじり)が伽藍を建立し、丈六の本尊を安置して、その胎内に裸形上人感得の如意輪観音を納めたという。以上はあくまでも伝承であるが、那智滝を中心とする自然信仰の場として早くから開けていたと思われる。中世から近世にかけて、隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場であり、如意輪堂と称されたその堂舎は、那智執行に代表される社家や那智一山の造営・修造を担う本願などの拠点であった。