検索結果

 

名称

浄土真宗本願寺派 寶池山 西蓮寺

校友名

[大分県] 黒田 義照

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1983年卒業 文学部

PR

黒田官兵衛考高(黒田如水)公 ゆかりの寺 西蓮寺は天正十六年(一五八八年)に光心師によって開創された。 光心師の俗吊は、「黒田市右衛門《であり、黒田孝高公の末弟で父・黒田美濃守職隆公の逝去時に出家した。 黒田孝高公が播州から豊前中津に入国の際に兄・孝高公の御徳を慕い共に中津に入り、 寺町に西蓮寺を建立し、初代住職となったのである。 以来、四百二十年以上の長きに亘り、現第二十代住職までこの地で法灯を伝えている。 現在の本堂は、天保十四年(一八四四年)に再建されたもので、金剛棟札を見ると、 発起人は8歳の童子「播磨屋助次郎《(はりまやすけじろう)とある。 この童子が山国川から小石を運び立派な本堂を建てる用意をしていることを聞き、 総代・小幡親民(おばたちかたみ)は深く感激し再建に尽力した。 この本堂は、再建当時藩主であった第八代奥平昌朊(おくだいらまさもと)公が度々お茶会を催した場所でもある。
 

名称

浄土真宗本願寺派 徳圓寺

校友名

[佐賀県] 徳重 清隆

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1982年卒業 文学部
 

名称

浄土真宗本願寺派 浄徳寺

校友名

[佐賀県] 森 知見

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1964年卒業 文学研究科
 

名称

浄土真宗本願寺派 普耀山 光徳寺

校友名

[佐賀県] 永島 常見

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1968年卒業 文学部

PR

西願教師は高木瀬の出身で真宗の教義に帰依し当地にきて一宇を建立した。 第3世尊隆の時准如上人より寺号の御免書を賜り光徳寺と称した。 第5世宗雪正保2年(1645)12月、太子、七高僧、准如上人等の御影を寂如上人より賜り、木仏の御下附をうけた。 第8世岱樹は元文4年(1739)3月楼門を建立、延享5年(1748)には蓮如上人御影を法如上人より賜り、本堂修築等中興の実をあげた。しかし失火のため全焼したが嘉永元年(1848)本堂を再建した。当時の建築技術の偉大さが残されている。  (「さがの歴史・文化お宝帳」より)
 

名称

浄土真宗本願寺派 光樂寺

校友名

[佐賀県] 蒲生 晄隆

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1970年卒業 文学部

PR

天正15年(1587年)に豊臣秀吉が九州平定のため下向した折、その命により防州(現:山口県)に寓していた蒲生秀澄守がこの軍に列した後、僧侶となり当寺を開山、義澄という法号を与えられ専ら仏法に帰依、精進した。(「お寺めぐりの友」より)
 

名称

浄土真宗本願寺派 光雲山 明圓寺

校友名

[佐賀県] 西谷 浩暢

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1989年卒業 文学部

PR

当寺は元祐教師によって創建され、第3世泰円のとき、明暦4年(1658)良如上人より蓮師御影をうけ、第4世孝意は延宝3年(1675)寂如上人に願って祖師、太子、七高僧の御影を、続いて同8年には木仏の下附をうけて寺号の公称を許された。 明治7年(1874)佐賀戦争の兵火によって本堂、庫裡を焼失したが明治12年(1879)第14世靈妙によって4年の歳月をかけて同16年現在の本堂が再建された。 7間4面の見事な本堂は当時建築の最高の技術が施されている。幸いにして本尊、延宝2年(1674)作、絵像、並びに元禄時代から記された過去帖は焼失を免れ現存している。  (「佐賀の歴史・文化お宝帳」より)
 

名称

浄土真宗本願寺派 熊谷山 真教寺

校友名

[佐賀県] 熊谷 誠司

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1982年卒業 文学部

PR

明暦2年(1656年)の創立。開基は雲山。 蓮池藩主鍋島直澄は深く仏法に帰依し、願正寺(現:佐賀市呉服元町)の開基・熊谷寿閑の第2子である雲山を召し、当寺を建立し住持とした。 山門内前に「御隠し塀」があるが、これは直澄が山門前を通るときに、いちいち下馬して礼をしなくてもよいように造られたといわれている。   (『佐賀百寺巡拝』より)
 

名称

浄土真宗本願寺派 西慶寺

校友名

[佐賀県] 亀山 法城

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1995年卒業 短期大学部
 

名称

真言宗御室派 別格本山 鎮国寺

校友名

[福岡県] 立部 祐道

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1964年卒業 文学部

PR

弘法大師(空海)は、第16次遣唐使船で入唐の砌(みぎり)、大暴風雨に遭遇されました。この時危難を救わんが為、海の守護神宗像大神をはじめ諸仏菩薩に祈誓を込められたところ、波間に不動明王が示現されました。右手に持たれる般若の利剣で波を左右に振り払われると、荒れ狂う風波は瞬く間に静まり、無事唐土に着くことが出来たのです。 首都長安(西安)において、青龍寺の恵果阿闍梨から真言の秘法を授かり、大同元年(806)に帰朝された弘法大師は、まず宗像大社に礼参されました。その時、屏風山に瑞雲が棚引くのを観られ、奥の院岩窟において修法を始められたところ、「この地こそは鎮護国家の根本道場たるべき霊地」とのお告げをこうむり、一宇を建立し、屏風山鎮国寺と号されました。 「真言秘密の大法を伝え得たるは、危難をお救い下さった不動明王のお蔭に他ならず」と謹刻し祀られたのが、現在護摩堂に安置されている不動明王立像です。 また、宗像三柱の御本地仏として、大日如来、釈迦如来、薬師如来の三尊を刻み、本尊と定められました。 本堂は慶安3年(1650)藩主黒田忠之公により再建されました。建立当時は瓦葺きでしたが、のち茅葺きに変わり、昭和54年の解体修理のときに銅板葺きとなりました。
 

名称

浄土真宗本願寺派 興徳山 乗善寺

校友名

[北海道] 藤田 善昭

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1966年卒業 文学部

PR

地域にとって、大切なのはコミュニケーション。頭ではみんな、わかっています。じゃ、お寺は何をするべきでしょう。 わたしたちはアットホームな場をつくります。孤立しがちな、高齢者のみなさんの話し相手のような。子どもたちが寄り道できる、安全な公園のような。ヨガや運動、アート、音楽などの活動も、バーベキューやセミナーなど交流もできる。 “みんなに使ってもらえるお寺”でいいんだと思います。宗教施設であり、公共施設でもある。 敷居はうんと低くして、“実家”のようにあたたかい存在をめざします。
 

名称

浄土真宗本願寺派 久遠山 浄生寺

校友名

[北海道] 杉林 良樹

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1974年卒業 文学部
 

名称

浄土真宗本願寺派 蓮光寺

校友名

[宮崎県] 岩切 圭一

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
2001年卒業 経済学部

PR

浄土真宗本願寺派(西本願寺)のお寺です。2013年にホームページを開設いたしました。検索では「さどわら・れんこうじ」などのキーワードで出てきますので、是非ご覧ください。何でも気軽にご相談できるお寺を目指しておりますので、気軽にお立ち寄りください。
 

名称

浄土真宗本願寺派 西法寺

校友名

[愛媛県] 松本 正見

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1997年卒業 文学部

PR

松本信見(1966年文学部卒)と松本真弓(1997年文学部卒)も西法寺におります。
 

名称

浄土真宗本願寺派 金剛寺

校友名

[福岡県] 大江 智城

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1980年卒業 文学部
 

名称

浄土真宗本願寺派 安楽寺

校友名

[福岡県] 仁保 一正

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1974年卒業 文学部

PR

安楽寺の開基は、元和二年(1616年)、大内氏の家臣・仁保加賀守弘政の裔、仁保宗哲、出家して法名釈行宗に由ります。 元和二年六月廿七日、木佛・寺号を賜りました。従来、米町(現在の京町)に在りましたが、大正五年二月に現在地、寿和ノ山(上富野)に説教所を開設し、昭和廿七年に疎開のため本堂・庫裡とも現在地に移転、本堂を建立しました。 昭和六十一年七月、開基三百七十年を機に本堂・門信徒会館・納骨堂・庫裡全面改築、昭和六十二年六月落成、十一月落成慶讃法要を厳修しました。
 

名称

浄土真宗本願寺派 黒谷山 潮見寺

校友名

[徳島県] 来見 明信

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1972年卒業 文学部
 

名称

天台宗 太寺山 高家寺

校友名

[兵庫県] 井藤 圭湍

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1968年卒業 文学部

PR

太寺山高家寺の本堂は、約1300年前の白鳳期の寺院跡(太寺廃寺跡)に1615年~1623年の間、初代明石城城主の小笠原忠政が再建したとされています。 明石市内で現存する最古の仏堂であることから、平成13年に明石市有形文化財に指定されました。 また、寺の本尊である薬師如来は平安時代末の様式のものであり、平成14年に兵庫県指定文化財となりました。
 

名称

浄土真宗本願寺派 正徳寺

校友名

[兵庫県] 廣橋 岳登

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1958年卒業 文学部
 

名称

融通念佛宗総本山 大念佛寺

校友名

[大阪府] 倍巌 良舜

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1944年卒業 文学部

PR

1127年、聖徳太子信仰の厚かった良忍上人が四天王寺に立ち寄った際、太子から夢のお告げを受け、鳥羽上皇の勅願により平野に根本道場として創建したのが始まり。 平安末期以降広まった念仏信仰の先駆けとなり、国産念仏門の最初の宗派で日本最初の念仏道場といわれる。その後、火災などで荒廃するが、元禄期(1700年頃)に本山として体裁が整い、現在に至る。融通念佛宗の総本山。
 

名称

浄土真宗本願寺派 教恩寺

校友名

[奈良県] 梁瀬 奈々

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1999年卒業 文学部

PR

教恩寺は、近世に永い間、看坊でした。安政6年(1859)に自庵にとり立てられたとの記録があります。堂宇は大正末期に、約170年前の建造だった物を建て直し、喚鐘は宝暦10年(1760)の物があります。