検索結果

 

名称

団地の助産院(訪問型の助産院)

校友名

〔東京都〕小笠原 千恵

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
2009年卒業 国際文化学部

PR

龍大在学中に、少子化問題に興味をもち、助産師が社会の中で担っている責務の重要性を感じ、卒業後に助産師免許を取得しました。 助産師として病院で勤務し、延べ1000人以上の母子と関わり、いのちの奇跡や家族の尊さを感じると同時に、少子化社会や周産期医療を取り巻く問題について考えさせられました。 開業してからは、母子を妊娠期から育児期まで、より長く密に支援しています。助産師の支援を受けた母子(特に母親)は育児に自信をもて、妊娠や出産をもう一度経験したいと思える人が多いです。助産師を志した当時、少子化問題に貢献したいと思っていたことに、少しずつ近づいていると感じる日々です。 全国の校友のみなさん、妊娠・出産・育児に関するご相談はメール:hello@xqmw.jpまで 東京近郊にお住まいの方は訪問ケアをお受けしています。同じくメールにてご連絡ください。 <プロフィール>  2005年 龍谷大学国際文化学部入学  2006年 中国大連に1年の交換留学  2009年 国際文化学部卒業後、看護専門学校に入学  2012年 看護師免許取得後、助産学専攻科入学  2013年 助産師免許取得し、香川県の国立病院総合周産期医療センターで助産業務に従事  2018年 東京都板橋区にて訪問型の助産院開業。
 

名称

有限会社サニック

校友名

[愛知県] 林 一敏

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
1973年卒業 文学部

PR

ベトナムへ進出10年。苦労の末やっと安定的に一定の品質を提供できました。 今からが〝よい品をどんどん安く〟を実践。 食品工場、介護用品を中心に販売。 ベトナムは自社工場(縫製)にて製造し卸販売。
 

名称

JICAザンビア事務所(所属:特定非営利法人 AMDA社会開発機構)

校友名

[ザンビア] 村上 優子

ジャンル: 詳細
卒業年: 卒業学部:
2005年卒業 国際文化学部

PR

現在、JICA技術協力「ザンビア国都市部小児保健システム強化プロジェクト」に従事しています。 アフリカ諸国の多くでは人手不足、財政不足等の理由により保健医療システムが上手く機能していません。 コミュニティによる地域医療の強化、保健センター及び郡保健局職員の管理・実施能力を高め、5歳未満の乳幼児の死亡率を改善させることを目的に活動しています。