校友音楽祭

イベント報告 【2021年】
校友音楽祭 <龍谷大学響都ホール校友会館&ライブ配信>

 11月21日(日)、校友音楽祭が龍谷大学響都ホール校友会館にて開催され、ライブ配信されました。
 ※配信は終了いたしました。

 11月21日、龍谷大学響都ホール校友会館にて2年ぶりに校友音楽祭を開催しました。開催に向けては、いつ決断するか、どのように開催するかなど、ぎりぎりまで調整で悩みましたが、何とか無事に対面での開催ができました。

 今回は、音楽祭の様子をYouTubeでも配信し、多くの校友に視聴いただきました。

 毎年、圧巻の演奏で会場を盛り上げてくれる吹奏楽部OB・OG会がコロナ禍で参加できず残念でしたが、今年も卒業生の2バンドと、学生の2団体が出演してくれました。

 オープニングは、瀬田のよさこいサークル「華舞龍」の演舞。舞台上はソーシャルディスタンスによる人数制限、掛け声禁止、舞台下のマスクの着用という厳しい状況の中でも、元気に全力で踊ってくれました。続いて、今年も全国大会で日本一に輝いた吹奏楽部のサクソフォン四重奏。ジャンル違いの4曲に、サクソフォンの表現力豊かな音色と美しいハーモニーが心地よく響く、見事な演奏でした。

 卒業生バンドは、軽音楽部のOB会「みやがわひろゆき&BraT’s」。70年代のロックサウンドをリスペクトした「日本語で歌う現役のロックバンド」は、迫力のあるボーカルとサウンドで会場を盛り上げてくれました。

 そして、黄色いトマトO B・O G 会からは、「Yellow Note」。洗練されたジャズ、リズム & ブルース。龍谷大学のOB・OGバンドのレベルの高さに惚れ惚れするステージでした。 来年も学生と卒業生とが、様々なジャンルの音楽や演舞を楽しみ、愛おしむ音楽祭ができるようにと願いを込めてラストも「華舞龍」が熱く踊ってくれました。

イベント報告 【2019年】
校友音楽祭in龍谷大学響都ホール 校友会館

 11月17日、校友音楽祭が龍谷大学響都ホール校友会館にて開催されました。
 ロビーには、野外活動部の学生たちが設けた小さなお子さまが遊べるコーナーもあり、これまで以上に若い世代の校友が多数集まりました。
 オープニングは、現役学生の「京炎そでふれ!輪舞曲(ロンド)」による創作演舞。客席に迫りくる勢いと若さみなぎる美しい舞いに圧倒されました。続く全国コンクール金賞受賞の吹奏楽部の現役学生によるクラリネットアンサンブルは圧巻の一言に尽き、4人の息の合った心地よい演奏が会場を魅了しました。
 校友による演奏のはじまりは、軽音・JAZZ研究会同窓会バンド「Shabby & New」。今年で5回目の出演ということもあり、円熟味ある安定した演奏でした。黄色いトマトOB・OG会の「Blues Sky」は卒業後に結成したグループで、ライブのもつ迫力と女性ボーカルの歌声に会場が引き込まれました。
 そして最後は「吹奏楽部OB・OG会」。途中、若林義人監督にタクトが譲られ、そのサプライズに喜びと緊張感ある演奏に。松田聖子さんの曲のメドレーは、懐かしくつい歌を口ずさみ、西城秀樹さんの「ヤングマン」では大きく手を広げて会場全体で音楽祭を満喫しました。  
 今回出演した団体は、校友にとって馴染みのあるクラブ・サークルです。学生時代が思い出され、現役学生との世代を超えた共演(競演)に胸を熱くした音楽祭となりました。

[在学生]京炎そでふれ!輪舞曲(ロンド)、龍谷大学吹奏楽部(クラリネットアンサンブル)
[OB・OG]軽音・JAZZ研究会同窓会バンド「Shabby&New」、黄色いトマトOB・OG会バンド「Blues Sky」、吹奏楽部OB・OG会

野外活動部
京炎そでふれ
クラリネットアンサンブル
Shabby&New
脇本美公子
校友音楽祭ヤングマン
集合写真全景