飲食

かどや食堂

釜揚げしらす丼、生シラス丼が美味い店

有田郡湯浅町湯浅1109-1

OPEN 水・日 / 11:00~14:00、月火木金土・祝日 / 11:00~14:00&7:00~21:00  CLOSE 月に1回不定休、年末年始

JR.湯浅駅 徒歩1分

0737-62-2667  0737-62-5710

http://www.yuasa-kadoya.com/  noritaku@mocha.ocn.ne.jp

湯浅の歴史は古く、室町時代には熊野参詣の宿場町として栄え、その後醤油の発祥地として発展。街並みは和歌山県初の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。醤油の他にもみかん、金山寺味噌、そして湯浅湾で獲れる魚が美味しく、しらすは県内一の水揚げ量があります。かどや食堂はしらす丼が名物。釜揚げしらす丼、生しらす丼が美味しく食べられる店として観光客の立ちより場となっています。 

特典: 小鉢の生しらす、又は金山寺味噌をプレゼント 

[和歌山] 宮井 功 ミヤイ イサオ
経済学部 1980年卒 大塚ゼミ  男子排球部

76年に入学した頃は体育局のクラブボックスはまだ木造、対照的に出来上がって間もない体育館へたくさんのバレーボールをかついで道路を横断していました。練習が終われば先斗町の割烹へアルバイト、終わってからのオーナー家族とのごはんと木屋町の銭湯はありがたかったです。ゼミは大塚ゼミ。「大塚先生は体育系クラブの生徒には単位をくれる」という噂を聞き入ってみたらゼミの半数以上は体育系クラブだったように記憶しています。
朝獲れた生しらす
湯浅のしらす丼色々