株式会社RE-SOCIAL「やまとある工房」

写真左から、江口和さん、笠井大輝さん、山本海都さん

私たちは、捕獲から処理・販売まで一括して行い、 保健所の許可を受けた施設にて安心安全な鹿肉をお客様に提供します。 近年、全国各地で深刻化している獣害被害。鹿や猪の頭数は、この数年で3-5倍にまで増加したと言われています。また、その被害は農作物だけでなく、里山の荒廃や農業意欲の低下にも繋がっています。​このような現状に対し様々な政策が実施され、鹿や猪の捕獲頭数は伸びつつあるものの、高齢化や利活用する手段がないことから、捕らえられた命の約9割は廃棄されているのです。我々は実際に、鹿や猪が大量に埋設処分されている現場を目にし、「大切な命なのにこんなことがあってはならない」とジビエ業界への挑戦を決意しました。また最近では、高齢化による狩猟者の減少も顕著になっており、今後、狩猟の担い手が不足していく​という現実も存在します。 株式会社RE-SOCIALは、自然の恵みである大切な命を次の命へと繋ぐため、さまざまな商品ラインナップで鹿肉を販売します。狩猟から処理まで全工程を弊社で行うため、安心安全な鹿肉をお客様に届けます。 ※サイトによる販売開始は、2020年11月中旬を予定。

[京都] 笠井 大輝 カサイ ダイキ
政策学部 2020年卒 深尾昌峰ゼミ

鹿肉は高たんぱく・低カロリーなヘルシー食材
「やまとある工房」